独身生活なら気を付けたい防犯対策について!

騒々しいニュースは、テレビの電源を入れたときに毎日世界を賑やかにします。

侵入犯罪の犠牲者を経験したことのない人は他の人のように感じるかもしれませんが、誰かが家に侵入してお金が盗まれた場合、取り返しがつきません。

寒いと被害が加わることも考えられる。

今回はベランダの安全対策に触れていきますので、特に一人で暮らし始める人たちを参考にしてみてください。

ベランダ(バルコニー)から多くの侵略的犯罪があります。

侵入者の犯罪が侵入する経路は?

入り口を拾って侵入すると想像する人がたくさんいます。

しかし、警察庁が発表したデータによると、2005年度に発生した爆発巣の侵入経路の60%以上が窓からの侵入によるものであった。

したがって、窓から対策を講ずることが重要です。

ベランダ付きの住宅はたくさんありますが、ベランダは非常に侵入しやすいです。

そのため、ベランダの防犯対策を確実にすることは非常に重要です。

ベランダの犯罪防止対策

口頭での犯罪防止対策について重要なことは何ですか?

プロパティを選択するポイント

一人暮らしをする人にとっては、物件の選択からしっかりと考えることが重要です。

自動ロックプロパティを選択する

家賃はオートロックの性質で高くなることが多いが、侵入者のターゲットとすることは難しい。

また、セキュリティカメラが取り付けられることが多いため、安全性を考慮すると、自動ロック機能が有効になる場合があります。

2階以上の部屋を選択する

2階以上の部屋の場合、ベランダから入るのが難しいため、1階の建物よりもはるかに安全です。

少数の乗客がいる場所を避ける

裏通りなどの場所は目立たないため、侵入者を対象とすることは容易です。

駅に近く、歩行者がそのままの場所を選ぶのは良いことです。

女性限定の財産を選ぶ

女性の場合は、女性のためだけに財産を選択するほうがよいかもしれません。

そのような財産に対する安全対策がしっかりと行われているケースは多いと言われています。

通常のことに注意してください

侵入しないようにするためには、通常、犯罪対策を講じることが重要です。

しっかりロックする

ベランダだけでなく部屋の窓やドアの鍵をいつもロックしてみましょう。

オートロックの場合でも、入退室者の死角を利用して建物に侵入する場合があるため、ロックを解除することが重要です。

他の人がいるような気分にさせる

部屋に複数の人がいる場合は侵入の危険がありますので、家に帰ると「私は家にいる」と言わなければなりません。今から家族や友人に来てほしいです。

女性が住んでいることを理解しないようにしてください

ベランダに洗濯物を置くと、セックスは大げさになるので、可能な限り部屋を乾燥させます。

女性らしいデザインではなく、単純なカーテンを選択してください。

窓際にぬいぐるみや花を置かないようにしてください。

内部を見ることができないように、覗き見レンズのみを銘板で作って隠しましょう。

防犯商品の活用

ベランダのセキュリティ対策の他に、防犯グッズを持っていれば安全性を高めることができます。

セキュリティブザー

シンプルなデザインからセキュリティーブザーまで、キーホルダーなどかなりのデザインがあり、価格は数百円から数千円まで幅広い。補助キー

ベランダに補助キーを取り付けると、ダブルロックが可能になり、窓の防犯対策が強化されます。

セキュリティフィルム

窓の上に防犯フィルムを貼ると強さが増し、侵入の危険が少なくなります。

価格は数千円になります。

2つのロック

また、玄関に新しい鍵を付けることでドアの防犯対策を強化することもできます。

サタムーンカバー

里武はドアの穴を開けてロックを解除すると言いますが、それを防ぐためにサタヌーンのカバーがついています。

1,000円前後でお買い求めいただけます。

監視カメラ

防犯カメラを取り付けることで侵入に対する対策が行われ、いたずらを防ぐことも可能です。

電話ドアホン

あなたが船積み会社などに押し込まれることを心配している場合は、低価格のドアホンを用意することをお勧めします。

ベランダからの侵入を救済する手続き

それがベランダから侵入された場合、どうすればいいですか?

警察に連絡する

まず110番の番号を報告する必要があります。

侵入が家に入る前に起きたことに気がついた場合は、すぐに家に入り、警察に到着させてください。

お金も重要ですが、まず自分を守りましょう。

何が盗まれたかを確認する

家に入ると、通帳やクレジットカードなどが盗まれていないかどうか確認してください。

盗まれた場合は、すぐに金融機関に通知して使用を中止してください。

また、家と車のキーが盗まれていないことを確認してください。

また、盗まれたものを徹底的に把握するために、使用していないアクセサリー類などがなくなっていないかどうかを確認しましょう。

破棄されたアイテムをチェックする

窓やキーが壊れている場合は、侵入経路と破損したオブジェクトを確認する必要があります。

そして、できるだけ早く壊れたものを修復する手配をしましょう。

誰かが侵入しないように、ベランダの防犯対策をしっかりと行いましょう。

一人暮らしの人もライフスタイルの習慣を見直す

一人で暮らす場合は、侵入を防ぐためにライフスタイルを見直す必要があります。

侵略された経験のある人だけでなく、一人で暮らす人にとっても、ライフスタイルを再検討することが重要です。

誤って忘れられたり無視されたりすると、回復不能な状況に陥ることがあります。

いつもあなたの注意を引き締めるように家に帰ってきた人がいなくても、「すみません」と言いましょう。できるだけ早くドアを開き、一度に家に入る

すぐにドアをロックしてロックしましょう。

あまりにも多くの犯罪防止対策を講じても問題ありません。

この騒がしい世界では、あなたは「少し過酷」であると思われることをするために、犯罪に対する対策を取るのはむしろ秘密です。

あなたのニュースや他のアイテムを通常の方法でチェックしてください。明日は明日かもしれないと思って、しっかりとベランダの安全対策をとってください。

まとめ

単独で暮らすことは簡単で無料ですが、侵入者の標的となるリスクも増加します。

当然のことながら、普段は注意が必要ですが、特にベランダで防犯対策を講じて、絶対に侵入しないようにしましょう。

鍵交換やアタッチメントなどの犯罪防止対策を検討している方は、このサイトを通じて業者を探してみてください。

関連記事

ページの先頭へ