鍵が回りづらいときは無理に回さないこと

私は通常、意識的に、住まいの鍵として、毎日必ず使用することが他にないと思いません。

あなたが外出するとき、あなたは間違いなく2回、行くと戻って使用されます。

鍵と鍵穴は、1日2回のギザギザの形がほぼ確実に “Jari”として引き込まれて出てくるので、予想外に損傷を受けます。

特に鍵穴の場合、内部の状態は目で見ることができないので、破損しても気付かない人が多い。

鍵穴が詰まっていても、鍵が回らなかったので気づいたケースは多いです。

そのような鍵が変わらなければ、どうやって対処するのが正解でしょうか?

鍵穴の錆を疑う前に試してみる方法

キーの状態が悪いときに鍵穴の錆を疑う前に、他の原因が考えられる可能性を考えてみましょう。

さび以外の最も一般的な原因は「ゴミ」です。

人間の目を見落とすゴミで詰まったとしても、鍵の状態は悪くなります。

掃除機の細いノズルで鍵穴を喫煙してみるか、エアブラシをスプレーしてみてください。

クリーニングが終わったらもう一度キーを押してください。

それでもキーが回らなければ錆びる可能性が高いです。

また、「キーは違う」という信じられないほどの驚くほど多くの間違いがあるようです。

キーが異なる場合でも、突然キーホールに入ります。

本当に正しいキーの周りを回らないキーは…ですか?

ゴミ、錆、重要な間違いのいずれであっても、強制的にそれを回すことではありません。

違和感がある場合はゆっくりと撤退してください。

キーホールに使用できる潤滑剤には制限があります!

キーホールが詰まると、キーホール用の潤滑剤が必要となります。

ここで重要なのは「鍵穴」の部分です。

キーの製造元が潤滑油を発行する場合もありますので、もしあればそれを使用しましょう。

キーホール潤滑剤は、キーホールに吹き付けやすくするように設計されています。

適切な量​​を吹き込んだ後、キーを2回以上ゆっくりと挿入して取り外してください。

それを繰り返すことで徐々に錆が出てくる。

それでもうまくいかなければ、業者がそれを見る方が良いかもしれません。

鍵穴が悪くてもやりやすいですが、絶対に【NG】の行為

鍵穴が悪い場合でも、行うべきではない行動がいくつかあります。まず、強制的に回して引き抜こうとする。

鍵が破損する可能性があり、鍵を抜けても鍵穴の内部を傷つける危険があります。

また、キーホール用途ではない潤滑剤を使用しないでください。

使用時に若干の改善が見られるかもしれませんが、キーホール用ではない潤滑剤の場合、乾燥するとほこりやほこりを吸着することで悪化することがあります。

そのようなことが起こると、最終的にはキーホール潤滑剤でも改善が不可能になるので、使用する潤滑剤がキーホール用であることを確認しましょう。

それは素人の仕事であれば、ワイヤーやつまようじで鍵穴をきれいにする方がいいです。

鍵穴の内部は複雑な構造をしているので、予想外に引っ掛かり、壊れてしまいます

それが壊れたら、そこから戻ってくるのは難しいです。

また、誤って内部を傷つける危険がありますので、強制停止しない方が良いです。

鍵穴の錆は、正しい方法で適切に落とさなければなりません。

鍵穴の錆を落とす正しい方法は何ですか?

製造元の純正潤滑油でキーホールの錆を落とすことをお勧めします。

薄いノズルなど、キーホールにスプレーする方が簡単になりました。

適切な量​​をスプレーするときはゆっくりとゆっくりと抜き差ししてください。

あなたが強制的にそれを行うと、それは内部で壊れてしまいます。そうしないと、傷つきますので注意してください。

静かに入れてゆっくりと出し入れしましょう。

潤滑剤がまったく得られない場合は、鉛筆を使用する方法もあります。

鉛筆の黒鉛は、潤滑剤の代替物として役立つ。

グラファイトが高いほど、鉛筆がHBではなくBまたは2Bの場合に効果が期待できる。

鉛筆の芯をカッターなどで粉砕して粉にし、キーで塗ります。

その後、潤滑剤のようにゆっくりと差し込んで出し入れしてください。

黒鉛には鍵や鍵穴に悪影響を与える成分が含まれていないため、安心して使用することができます。

潤滑剤やグラファイトを使用したくない場合は、業者に連絡してください。

まとめ

どう思いました。

キーが回らない、または抜けない場合は、非常に気楽になります。

そのようなことが起こったら、傷つけることなくゆっくりと鍵の鍵を開けましょう。

強制的に引っ張ったり引っ張ったりすることは決してできません。

また、テキストに記載されているように対処しても、鍵穴の錆がひどく損なわれた場合は、直ちに業者に通知しましょう。

このサイトを使用すると、直ちに販売者を見つけることができます。

関連記事

ページの先頭へ